使徒とホタテ貝の伝説

パレスチナからヤコブの遺体を乗せた小舟の難破にまつわる話である

結婚式の後、新婚夫婦と共にいた一行は、海岸通りを歩いていると、大きな波に遭遇した。

新婦の隣で馬に乗っていた新郎が、漂流者を助けようと、馬に乗ったまま海に入っていった。

大きな波が新郎をさらい、新郎はもうだめだと思い、天に助けを求めた。その時、海岸に

引き寄せようとする奇妙な力を感じ、陸地にたどりついた。ちょうどその時、小舟がヤコ

ブの遺体を乗せていて、海岸に到着した。一行は馬に乗った新郎が貝殻で覆われているの

に気付いた。

そこにいた人は、ヤコブのおかげで奇跡的に助かったと思った。その日以来、ヤコブとホ

タテ貝は永遠に繋がっている・・・・